FC2ブログ

WaT

ここでは、WaT に関する情報を紹介しています。

WaT

最新情報はrankingへ
WaTのプロフィール
 名前:WaT(ワット)  
 WaTとは?
ウエンツ瑛士小池徹平の二人のミュージシャンによるデュオ。
WaTの名前の由来はWentz and Teppeiの頭文字から付けられた。

ウエンツ瑛士:ボーカル、ギター、ベース、キーボード・ピアノ、タンバリン、マラカス、笑い担当。
小池徹平:ボーカル、ギター、ハーモニカ、ブルースハープ、癒し担当。

 WaT結成のきっかけ
ウエンツ瑛士が所属する事務所(バーニングプロダクション)に小池徹平が入ることになり、お互い楽器をやっている同年代ということで事務所から紹介され出会う。

 WaTのヒストリー
2002年、代々木公園近辺で路上ライブを始める。(この時はまだユニット名は無い。)7ヶ所の学園祭でライブをする。

2003年、ストリートライブで1000人以上の観客が集まり大混乱となる。それ以降ストリートライブは行っていない。

2004年、CDデビューが決まりユニット名が「WaT」となる。2月18日、『卒業TIME』でインディーズCDデビュー。

2005年、大手レコード会社11社による争奪戦の末、ユニバーサルミュージックからのメジャーデビューが決定。11月2日に『僕のキモチ』でメジャーデビュー。12月31日、メジャーデビューから史上最短でNHK紅白歌合戦に出場。
2006年、1月、2ndシングル『5センチ。』をリリース。3月、1stアルバム『卒業TIME ~僕らのはじまり~』をリリース。初の全国ツアーライブを開催する。8月、『Hava Rava』をリリース。
「2006 バレーボール世界選手権」オフィシャルサポーターに決定。オフィシャルテーマソング『Ready Go!』をリリース。
12月、『ボクラノLove Story』をリリース。

2007年2月14日、『君に贈る歌/ラッキーでハッピー』をリリース。小池徹平/ウエンツ瑛士とガチャピン・ムック名義で発売。
4月、『Awaking Emotion 8/5/my brand new way』をリリース。ウエンツ瑛士/小池徹平名義で発売。

 ウエンツ瑛士
 小池徹平
スポンサーサイト



最新情報はrankingへ
WaTに関するトラックバック大歓迎です。トラックバックお待ちしております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する